講座選びのポイント

資格スクールや予備校などの通学は、学校の様子や講義を自分の目で見て判断できるのでですが、通信講座はパンフレットや口コミでしか判断できません。一口に通信講座といってもピンキリで、低価格なのに高レベルの教材を提供してくれる講座もあれば、高額なのに低レベルの教材しかない講座もあります。安い買い物ではないので、失敗はしたくありませんよね。
そこで、私の経験をもとに良い講座を見極めるポイントを紹介しましょう。

①カラーのテキスト
モノクロのテキストでは、それだけで勉強の効率が下がってしまうので、絶対に選んではいけません。カラーで重要事項がしっかりとわかるものを選んでください。また、内容はただ文章がだらだらと書いてあるものではなく、図表やイラストなどを使ったものの方が理解しやすいでしょう。
②講義DVD
通学の学校が出している通信講座でよくあるのが、通学用の講義をただ録画したもの。この場合は、講師と生徒との会話や雑音などが入っているので、講義が聞きとりにくく、集中できません。必ず、専用のスタジオで録画した講義DVDを選んでくださいね。
③サポートが手厚い
「教材を送ったらもうおしまい」というイメージが強い通信講座ですが、なかには、質問をメールなどで受け付けて、講師が丁寧に解答してくれるところや、インターネットの学習システム、模擬試験など、サポートが手厚い講座もあります。
④適正価格
通信講座の受講料はどのくらいが妥当な価格か、ということですが、テキストや問題集、模擬試験などがセットになった講座で10万円前後が妥当な価格だと思います。いくら価格が安くても教材の内容が悪かったり、逆に通信講座なのに20万以上といった高額なものもあるので、注意して選んでください。

次のページ >>